不動産担保ローン利用の損益分岐点

金融機関に費用を確認する

不動産担保ローン住信SBIネット銀行

また、不動産担保には先着順の順位があり、先に担保を付けた債権者がいたとしても、直材さんの価値に余裕があると考えたら二番目、三番目の担保を付けることができます。
たとえば5千万の価値が見込まれる不動産に対して、先に担保を付けている債権額が1千万円なら、あと4千万円までの担保価値があることになり、それに対して担保を付けることが可能です。
二番目以降に担保を付けた人がいたとしても、先に抵当権の設定をしている債権者はもしもの時には優先して弁済を受けることができるので、自分より後の抵当権者に権利を侵されることはありません。
所有しているだけでも固定資産税をはじめとした維持費がかかる不動産を、その資産価値に注目して自分自身で収益力を持たせられるのが不動産担保ローンのメリットです。
利用する場合は、登記費用が金利の節約分と比較して帰って損にならないようにするためには、返済期間が長いローンほど効果が持続して有効です。
利用する場合、付随費用がいくらくらいかかるか、金融機関の担当者に確認することを忘れないようにします。

信用力と相関関係担保なしでも得になる?金融機関に費用を確認する