不動産担保ローン利用の損益分岐点

担保なしでも得になる?

不動産担保ローン住信SBIネット銀行

信用力と相関関係担保なしでも得になる?金融機関に費用を確認する

不動産を担保にする場合、抵当権の設定登記が必要です。
抵当権設定の登記費用はお金を借りる人が負担しますが、登録免許税は債権の額に対して、土地は0.4%、建物は0.1%です。
0.1%、0.4%というと軽く感じられますが、不動産担保ローンは金額が大きいことが多く、1千万円に対して1万円から4万円、5千万円なら5万円から20万円がかかります。

抵当権を抹消するときは、登記費用は債権額にかかわらず一律3万円なので大きな負担ではありませんが、担保設定の登記費用は小さくないので費用と効果の分析が必要です。
住宅ローンやモーゲージローンのように長期間利用する前提なら、一度抵当権設定登記をすれば効果は長期に及ぶので費用を回収できますが、短期間の借り入れのためにわざわざ担保の設定登記をすると、せっかく金利を節約できても、抵当権設定にかかる費用がそれ以上にかかってしまう可能性があります。
不動産担保ローンを利用するか、担保なしで少し高い金利をはらうか、どちらが得になるかの試算をすると効果的です。